FACTORY 360

ミニ四駆始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

中身を出してみた。

ジャガーのパーツを箱から、全部出してみた。


20100124160036



説明書を片手にパーツ類をチェック。

小袋に小分けされたパーツたち。
組み立てるときは、袋の指定どおり開封すれば良いわけで紛失の心配も無さそう。




黄色いダンパー…
CVAなのかな…


20100124151837


タミヤといえば「黄色いダンパー」と認識している自分が歳をとってると感じます(笑)
今は「タミヤ・ブルー」ですからね~


説明書には「ブリスター・パック」と書いてあるけど、パーツは小袋に…淋しいです。


20100124151833



モーターは「スポーツチューン モーター」
いわゆる「スポチュン」と言われているモーター。


20100124151827



DDマシンであれば過激なモーターでなくても必要十分。
速ければ、それだけ壊れ易い。

マッタリと走らせるのが「スケールスポーツ」だと思います。
レース志向を否定するわけではないですが、そういう楽しみもあるわけで…


ホイールはメッシュタイプ。塗り分けは自分でしないとか…


20100124160031



タイヤにはやっぱり「ロゴ」がなくちゃね~


20100124152836



グッドイヤーロゴ
格好良すぎる~


バスタブシャーシのフロント側アッパーフレーム?でしょうか?


20100124152829



実車の、スペースチューブラフレームを摸した感じです。
現代はカーボンモノコックが主流ですが良い雰囲気を出してます。
箱画には青いフレームカラーでしたが…
再販の仕様変更で変わったようですね。
スポンサーサイト
  1. 2010/01/24(日) 15:14:53|
  2. タミヤ ジャガー XJR-12
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

OPEN!! BOX!!

皆さん、おはようございます。

会社の新年会で、しこたま飲みまくり、やっと先程起きました。

年をとると身体が…
若いときは飲み明かした次の日も仕事を普通にこなして、
また夜の街に繰り出す…


なんて、出来たのですがね~(笑)




さてさて、ようやく箱を開けました。



「ジャ、ジャ、ジャーン」(笑)


20100117110218



さすが「塗り完ボデー」いい仕事してます。
クリアボディーに自分が塗ったら…
死ぬまで悔やむことでしょう(笑)





中身はブリスターパックが廃止され、大小の箱が2個になってます。


20100117110213



ブリスターパックの方が「特別な存在」を醸し出してた気がしますね~


「プラモデルとは違う何かがある!!」


と子供の頃、思っていたのが懐かしい~

時代の流れでしょうか。
とても残念です。


タミヤさん「ブリスターパック」復活しませんか?

ぜひお願いします!!
  1. 2010/01/17(日) 11:27:15|
  2. タミヤ ジャガー XJR-12
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

Daytona winner

1990年 デイトナ24時間耐久レースを制し、ル・マン24時間耐久レースでも、1-2フィニッシュを飾ったマシンが…


JAGUAR XJR-12

「グループC カテゴリー」という、量産車と全く違う純粋なレーシング・スポーツカーの、レース規定から生まれたモンスターマシン。

この時期の世界耐久選手権は、(正確には1982年シーズンからのレース規定変更)グループB、グループCの2本立てでのシリーズ戦となり、参戦する各メーカーは、グループCマシンの開発に鎬を削り開発。

折しも、バブル真っ只中の日本メーカーも次々に、多額の巨費を投じマシンを開発し、自前のワークスチームまで作り、完全必勝体制で参戦。
勿論、資金集めの為にスポンサー企業とタイアップしての参戦となり、マシンを造っているメーカーには「世界一の勝利」、スポンサー企業には「世界一のマーケット宣伝」という図式が成り立ち、さらにレース志向は加熱。

歴史あるクラシックレースに出場している、殆どのマシンが「ジャパンマネー」に彩られた、何とも混沌とした有様に見えました。

しかし、

ポルシェ956、962C
ランチア LC2
ザウバー C9、C11
マツダ 787B
などなど…

「グループC カテゴリー」の出現により、数々の名車が生まれ…

その中の名車を、「世界のタミヤ」さんがやってくれました。



「塗り完ボディー仕様」です(笑)


因みに、ル・マンの優勝車は「Silk Cut Jaguar」のゼッケン3番です。


カラーリングはカストロールカラーが好きですが、チャンピオンシップカーも出して欲しいところですね。


おっと、熱く語り過ぎ画像がまだでしたね。

しかし、あれですね。

話すと長くなりますので…
また、続きは気が向いた時に…します(笑)
  1. 2010/01/11(月) 08:25:22|
  2. タミヤ ジャガー XJR-12
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ビッグ・キャット

EPオン用に選んだキットは…


タミヤ JAGUAR XJR-12 デイトナ仕様!!


20100108234216



やっぱ「スケール感」重視でしょ!!

って、事で選びました。


最近のGTツーリングは、あまり好きではないですよね~


「レースカー」=「プロト・タイプ」が自分の頭に刷り込まれてますから(笑)


このキット、どうしましょうね~


取り敢えず、箱開けてみます。


中身は、また後ほど…
  1. 2010/01/10(日) 10:12:21|
  2. タミヤ ジャガー XJR-12
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

お蔵入り

先日、帰宅すると…

冬期間限定で使う予定だったキットが届いてました。


タイミング悪いよなぁ~(笑)


RC復帰後、初の記念すべき「組み立てキット」になる予定だったのにね。



お蔵入りの予定です(爆)
  1. 2010/01/08(金) 15:21:23|
  2. タミヤ ジャガー XJR-12
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。