FACTORY 360

ミニ四駆始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

STEALTH TRANSMISSION 17

スパーギヤ 取り付け


Fig 41


スパーギヤ 66T
(AS-7663)


20100310003208



ボタンヘッドスクリュー
(AS-6568)


20100310000907



を用意します。


スパーギヤをアウタークラッチハブに取り付けますが、平らな面を外側に向けて取り付けます。


20100310000901



ギヤのセンターの穴がきついようでしたら、カッターナイフか丸棒ヤスリなどで「バリ」を取り除いて下さい。
穴を広げ過ぎないように!!

20100310000855



最後にデフスラストボルトカバーをデフアウトドライブハブ右側に入れて完成です!!





20100310003216
やっとステルストランスミッションが完成しました(笑)
スポンサーサイト
  1. 2010/03/10(水) 00:40:27|
  2. ステルス・トランスミッション組み立て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

STEALTH TRANSMISSION 16

クラッチ・トルクコントロール組み立て

Fig 40

スチールブレーキ ブランケット
(AS-7551)


スチールブレーキ シュー
(AS-7552)


20100308225036



を組み合わせます。


20100309050010



はい、もう組み上がってます(汗)

その理由は後ほど…


スチールブレーキブランケットとシューの間にディスクブレーキローターを挟むように、ステルストランスミッションに取り付けます。


20100309050006



20100308225023



上側のみ、4/40×5/16ボタンヘッドスクリュー(AS-6919)で固定します。
下側の穴はシャーシに取り付ける時に使用します。


20100308225030



ディスクブレーキカム
(AS-7555)を

ブレーキカムクリップで取り付けます。

先程の組み上がっていた「理由」は、ブレーキカムクリップが外れなかった為です(汗)
説明書の写真で詳しく、説明いたします。


ブレーキブランケットの「上」の穴(ビス止めしてある方)からディスクブレーキカムを入れます。


20100308230651



ディスクブレーキカムは曲げ加工して有りますので、根気よく作業して下さい。


ブレーキカムがブランケットに入った後、ブレーキカムクリップを凹んだ方からブレーキカムに入れます。


20100308230639
続きを読む
  1. 2010/03/09(火) 05:11:02|
  2. ステルス・トランスミッション組み立て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

STEALTH TRANSMISSION 15

クラッチ・トルクコントロール組み立て

Fig 39


デフギヤアッセンブリーシャフトに、

アウターハブ
オートルーブメタル
ワッシャー
ワッシャータイプスラストベアリング
スプリング
5-40スチールロックナット

を取り付けます。


20100304234427



5-40ロックナットは錆び、油汚れが酷いので変えておきます。


20100304234422



チームロッシのロックナットですが、同サイズなので問題なく使用しています。




クラッチ・トルクコントロール取り付け完了です。


20100304234410



アウターハブから、ワッシャー類が出過ぎですが、気のせいでしょう。


20100304234417




クラッチ調整用ロックナットは、メンテナンス時に、3回取り外ししたら新品と交換するように注意書きがありました。


もちろん、壊れるまで交換はしないつもりです。
勿体ないですから(笑)
  1. 2010/03/05(金) 13:12:17|
  2. ステルス・トランスミッション組み立て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

STEALTH TRANSMISSION 14

クラッチ・トルクコントロール組み立て

Fig 38

クラッチディスク
(AS-6585)

クラッチアウターハブ
(AS-6584)


20100303224635



を用意します。


クラッチディスクをクラッチアウターハブに、ぴったりと重なるように溝に合わせます。


20100303224629



オートルーブメタル
(AS-6596)
※3/16×5/16ベアリング
に変更出来ます。

ワッシャー×2
(AS-6586)×2
ワッシャータイプベアリング
(AS-6594)
トルクコントロール・スプリング
(AS-6587)
5-40 ロックナット
(AS-6629)


20100303234828



をクラッチアウターハブに入れ、ミッション側のシャフトに取り付けます

取り付ける際に、アウターハブからクラッチディスクが外れないように注意します。


因みに、スラストベアリングがワッシャータイプに変更されているそうです。
パンチ力を増大させる為のものだそうですが…

どう見ても、普通の「ゴールド・カラー」にしか見えないのですが?
これが、ワッシャータイプスラストベアリングなんですかね~

現行型に詳しい方、ステルスミッション持っていて、ご存じの方。
教えて下さ~い。
  1. 2010/03/03(水) 22:43:11|
  2. ステルス・トランスミッション組み立て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

STEALTH TRANSMISSION 13

クラッチトルクコントロールの組み立て


Fig 37


クラッチハブ
(AS-6583)

ディスクブレーキハブ
(AS-7554)


20100302225831



を用意します。



ディスクブレーキハブをクラッチハブの溝にしっかりと合わせ、取り付けます。


20100302220133



組み合わせたら
ディスクブレーキローター(AS-7553)を用意します

20100302220127



画像のように取付けます。


20100302220118



クラッチハブをシャフトに入れ、ハブの切り込みがロールピンに、確実に納まるようにします。


20100302220107



この時、ロールピンが飛び出していたりしましたら、
ロールピン両端の長さがシャフトに対して等しくありません。
再度、シャフト穴にロールピンを正確に取り付けて下さい。
  1. 2010/03/03(水) 12:27:14|
  2. ステルス・トランスミッション組み立て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。