FACTORY 360

ミニ四駆始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

エアロアバンテ クリヤーオレンジスペシャル

タミヤ ミニ四駆 95083

エアロアバンテ クリヤーオレンジスペシャル







予約殺到かと思いきや、普通に店頭で売ってたし…(笑)


とりあえず2個ゲット。


中身





やはり気になるのは、強化シャーシとカーボン大径ホイール






強化シャーシは、単品GUPの未開封が手元にあるからFM化やテスト用にも、ガンガン使える…かな(笑)


ボディ Aパーツ







まんまオレンジだわw




タイヤとデカール






タイヤは去年、プライズ扱いで出たエンペラーと同じかな?


組み立てたいんだけど…

来週末のレース用に、蛍光イエローでARシャーシ作ったからなー。


組み立ては、また後日。





スポンサーサイト
  1. 2015/04/30(木) 21:06:08|
  2. ミニ四駆 ARシャーシ
  3. | コメント:0

FMARシャーシ 作り方

ARシャーシFM仕様の作り方。





この方法がベストではないので、あくまでも参考程度に。



前後バンパーレスのARシャーシを用意します。


フロントバンパー。






FRPでベースを作り、その上にローラーステーを載せてます。


スラスト確保のため、マルチテープで角度を付けてます。


リヤバンパー





こちらもFRPでベースを作り、ローラーステーを載せています。

FRPのベースはこれといって決めていません。

ストックであるのをランダムに使ってます(笑)

最近はスーパーXのリアステーを好んで使ってます。

ローラーステーとFRPベースの固定はワッシャー(大)と6mmスペーサーで固定。




ステーは、なるべく低く搭載するのが好みなので、フロントギヤカバー上にぴったりの高さにしてます。


バッテリーカバーとモーターカバー





特別な加工はしてませんがバッテリーを入れる際に無加工では入りません。


バッテリーをスムーズに入れるためにバッテリーカバー側のリブを削ります。




ヤスリで示しているリブからカバー中心、その左側までのリブを削ります。

ニッパーで切り取って軽くヤスリがけすれば軽く入ります。



あと、バッテリーを入れるためにフロントギヤカバーの、リブを切り取る方法もあるみたいですが。

個人的にはギヤカバーを加工するのはお勧めしません。


自分のは無加工です。




ARシャーシはギヤカバーとスイッチカバーを1つのカバーで兼用してます。

あのリブは、スイッチを入れてターミナルがバッテリーに接触したあとに、衝撃などで戻らないようにする為のストッパーになってます。

皆さんは

“ARシャーシのスイッチは奥までしっかりと入れないと、走行中に止まってしまう。”

という経験ありませんか?


実際に自分もありますし、レースでも他のマシンでも見たことがあります。


実は、あのストッパーに起因している事なんです。

電池を入れない状態でスイッチを入れるとスイッチに押されてターミナルがまえに出てきます。


斜め下からターミナルが出てきて、リブの左端にある凸部分に引っ掛かり止まりターミナルとスイッチを止めているのが分かります。

ターミナルとバッテリーの接触を確実にする為にリブが着いてますので取り除かないほうがトラブルを防げます。


続いてリヤモーターカバー


ARシャーシはモーター下側からモーターを支えてます。





シャーシ個体差はありますが、カバーの突起部分だけではちょっと…

なのでブレーキスポンジを貼って押さえてみました。

カウンターギアとのクリアランスもありますが特に問題もなく回ります。
異音もしません。


カウンターギア、クラウンギア。

カウンターギアは加工してます。



暗くて見にくいですねwww

ベアリングは青POM。

このままだとガタがあるので、ベアリングスペーサーをペーパで削って、調整したものを入れてます。






これも見にくいwww

厚さは何ミリとかないので現物合わせでOK。

ボールベアリングが良い方はボールベアリングで。



クラウンギアは、カーボン強化ギアを使用してます。




特にこれも加工無し。


バリは丁寧に取って下さい。






スパーとクラウンの間は1.5mmのスペーサーだけ。
他は入れてません。


プロペラシャフトは気持ちピニオンを詰めてます。


ハンマーで「コンコン。」程度です。


ボディーは前回に紹介したまま。





バッテリーカバー上部の穴にビスを通してスタビボールで固定です。




時間はかかりますが簡単にできますよ🎵





やってみると面白いですよ。
  1. 2015/04/12(日) 13:24:06|
  2. ミニ四駆 ARシャーシ
  3. | コメント:0

ARシャーシ FM化

新しく組み立てたARシャーシ。





なんかイマイチ…



で、ふと思い付いたのがFM化。



シャーシの前後をバンパーレスにして




ボディーもモーターカバー周辺、ノーズ部分を切り取りましたが、格好悪いっ‼
(笑)

新しく、バンキッシュJr.でボディーを作り直し。






リヤ側ボディーキャッチ部分は干渉しないようにカット、ウイングを直付けに。




ボディーはシャーシ側からビスを伸ばしてスタビボールで固定‼




格好いいw



フロント側






リヤ側







こんな感じになりました。




テストもいろいろしましたので、細かい部分も近日中にUPします。



かなり速くなりましたよ~🎵
  1. 2015/04/07(火) 11:11:29|
  2. ミニ四駆 ARシャーシ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ARシャーシ再始動。

お久し振りです。


新年明けてからバタバタしてましたので更新が遅くなりました。


1月にシャーシ限定のREV PROカップ(AR MA MSシャーシ限定)レース。

2月にショップの定期レース。


2レース参戦してきましたが、結果は惨憺たるありさま…



これではイカンっ‼


って事っで









エアロアバンテ クリヤーSPで一念発起して最速マシンを作ります‼






もう作ってるんですけどねwww



マシン重量はこんなです(´・ω・`)






いま現在は、ちょっと軽量化してジャスト100gになってます🎵




重たいですが、ARシャーシの優れた駆動系に期待して組み立てました。


あとは、組み立てる人の腕前ですねw



あと、今回はシャーシ型番を吟味してシャーシ選定してます。


Aパーツも、様々なARシャーシから選んでテストしてエアロアバンテブルーSPのPOMに決定。



あくまでも、個人的な考察により選んでますので参考程度くらいにしかならないかも?w

シャーシ型番は00-02番。

フロントスイッチ側に末尾00

モーターリヤ側に2番刻印。

Aパーツは2番刻印で番号が…


あっ…忘れたwww


POMの色はブルー。


ブルーは滑りが良いような気がします。
ブラストアローのPOMも良かったですから。
個人的な主観ですがねw


余談ですがカウンターギヤには灰色がお薦めですwww


AR、MAともPOMベアリングでも速いと思ってますが皆さん使ってないんですよねー。


メンテナンスも楽だし、ボールベアリングみたく、無負荷の回転ばかり気にしなくても良いのでお勧めです。



細かいところは、また後日にでも記事にしたいと思ってます。





  1. 2015/02/17(火) 21:15:25|
  2. ミニ四駆 ARシャーシ
  3. | コメント:0

エアロアバンテ クリヤーブルー スペシャル

ミニ四駆 限定

エアロアバンテ クリヤーブルー スペシャル






箱絵







中身







タイヤはブルーのローハイトタイヤ(ハード)


スーパーハードじゃないのが残念(´д`)







カーボン混入ホイール


この、モデルで一番の収穫パーツですね。







クリヤーブルーボディーと他パーツ。



色が薄くて、最初に箱を開けたときボディーがないかと焦りましたw


低摩擦樹脂はブルーです。







シャーシは黒のABS。


型番[00]、モーター側に[2]
の刻印。







デカールはライトブルー主体の明るい感じに仕上がってます。



ノーマルのエアロアバンテより、こっちのデカールのほうが個人的には良いと思います。


組み立ては、また後ほど。



  1. 2014/03/27(木) 22:07:32|
  2. ミニ四駆 ARシャーシ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。