FACTORY 360

ミニ四駆始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

MS フレキなんちゃら完成?

いきなり完成‼

                 

作り方くらい教えろっ‼と言われそうですが

まぁ、あちこち載ってますんで割愛します(笑)

で重量は…

                  

100グラム切りました。

まだまだ重い…(´・ω・`)

スポンサーサイト
  1. 2016/06/11(土) 09:36:25|
  2. ミニ四駆 改造
  3. | コメント:0

MSフレキシブル なんちゃらを作ってみる

来月の立体用にMSシャーシで、フレキシブルを作ってます。

アバンテMk.2 ピンクスペシャルのシャーシを使います。

手元にあったのがピンクスペシャルだったからなんですが(笑)

ガッツリと削って

             

スプリングは4本使用。

 

画像では銀色のハードになってますが、実際に使うのは黒色ソフトです。

さて、上手く作れますかね?

  1. 2016/05/21(土) 23:07:54|
  2. ミニ四駆 改造
  3. | コメント:0

FMAR バンパー強化してみた

気づいたら、もう年末です。


そして、blogは放置状態…

いつものことですけどね(笑)


さて、少し前から紹介していたFMAR。






基本、FMARは前後バンパーレス。

なので、カーボンステーを使っても、なかなか思ったような剛性を得られません…(´・ω・`)

だったら、元の付け根部分から補強してやれっ‼

ってことでコレを使って補強してみることに。




真鍮スペーサーです。

コレを、前後バンパー穴に圧入して、根元部分の剛性アップとスラスト角度を保持します。

フロント アッパー側





フロント ロア側






リア ロア側



今回、リア側は4穴仕様に変更しました。





こんな感じで補強。


注意点として、

フロント側はスペーサーのフランジ部分が、スラスト角ゼロになりますが、リア側は角度ゼロにはならないので、少し調整が必要になってきます。


シャーシは白AR強化シャーシで今回はバージョンアップしてみました。


次回は、スペーサー圧入の方法とリアのスラスト角度を、もう少し掘り下げてご紹介したいと思います。




  1. 2015/12/31(木) 18:24:41|
  2. ミニ四駆 改造
  3. | コメント:0

ローフリクション ローハイトタイヤを大径ローハイトホイールに履かせてみた その2

前回からの続き

ローハイトホイールに履かせただけ→約30mm




これはこれで良いのですが、ショップレギュの大径31mmに合わせたいので、少し手を加えてみます。








蓋を取った大径ローハイトホイールにペラタイヤを履かせます。

瞬着でしっかりと接着して下さい。


PPホイールは接着し難いので、予めヤスリで表面を粗しとくか、PP用の接着剤を使い確実に接着します。



次に、ローフリクションローハイトタイヤを煮ます。







煮る時間や湯温は特に気にしてません。


煮る時間や湯温は仕上がりにも影響が無い…とも言い切れませんが…

自分は…で取り出しますwww



ここはお好みで(笑)



取り出しす時はドライバーでやってます








箸で掴むように取り出し、グリグリと引っ張りながら伸ばしていきます。






あとは、火傷しないように注意して大径ローハイトホイールに履かせます。


ローハイトホイールが汚い…w



ペラタイヤとローフリクションの厚みで、約31mmくらいになってます。


タイヤ径の調節は、表面の状態を見ながら
して下さい。


ローフリクション ローハイトタイヤは、熱を加えてからの表面の処理が難しいです。



うっかり、普通のタイヤと同じように作業したら、粘りが出てきて何個かダメにしました…(´・ω・`)



そのおかげで、失敗なくツルツルの表面処理が出来るようになりましたが(笑)



何回も言いますが、火傷や熱湯 火の取り扱いには十分注意して作業して下さい。



  1. 2015/07/19(日) 17:43:02|
  2. ミニ四駆 改造
  3. | コメント:0

ローフリクション ローハイトタイヤを大径ローハイトホイールに履かせてみた。

ローフリクション ローハイトタイヤを大径ローハイトホイールに装着しました。





中径ホイールに履かせるのも大変なほど硬いので、お湯で煮て柔らかくします。


作業中は熱湯と火の取り扱いに十分に注意して下さい。
煮てる最中は換気も忘れずに。


取り出したタイヤを、グリグリと伸ばして
大径ローハイトホイールに履かせます。





タイヤは大変熱くなってます。


素手で触らず、火傷に十分注意して作業して下さい。


さて、気になる重さですが


通常の大径ローハイトホイール&タイヤ





4.3グラム



大径ローハイトホイール&ローフリクション ローハイトタイヤ






3.3グラム



ローフリクション ローハイトタイヤに履き替えるだけで、タイヤ1本につき約1グラムの軽量化が出来ますね。



タイヤ直径は若干小さくなって30mm位になります。




くどいようですが、作業中の火傷、火の取り扱いには十分注意して下さいね。


  1. 2015/07/12(日) 16:17:27|
  2. ミニ四駆 改造
  3. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。