FACTORY 360

ミニ四駆始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ユーロコプター EC145 キット組み立て 2

塗装編 突入ですw


取り扱い説明書のカラー指定表を見ると









タミヤカラーばっかしですwww


一応ポチリました…










細かいのは後ほど紹介しますが、小さいパーツ類にもタミヤスプレーが指定されてます。


なので、付属パーツ類の塗装には、アクリルミニを代用しました。

エアブラシ持ってないですから、筆塗りになりますけど…(´д`)


あと、どうしてもカラー品番が合わない色もありますので、それは色の近いアクリルミニで補うことにしました。

ピュアーホワイトはタミヤスプレーしかないので、アクリルミニのホワイトで代用ですね。



ついでに、クラフトツール類も購入。








もう、完全に気分はプラモデラーですわw




さて、作りますか。







ランナーからパーツを切り出します。




あっ… 黄色のドライバーは、キット同梱品ですw




ゲートが薄いので、気を付けてランナーから切り出します。




ボディーの薄さは0.4mm…




緊張しまくりです(゚Д゚;)


パーツを切り出して、パーツのバリを取るわけですが、良く確認しないでバリ取りすると、大事なボディーの部分だった…なんて事もありますので気を付けましょう。







ボディーパーツは左右対象ですので片側ずつ切り取り、ランナーに付いてるパーツの場所を確認しながらバリ取りをすれば、間違えずに作業出来るかと思います。







パーツの切り出し&バリ取りが終わったら、ボディー内側をブラックで塗ります。


撮り忘れてしまいましたが、ボディー外側からマスキングテープを貼り、ブラックの塗装がボディー表面に着かないようにします。


マスキングテープは幅広いもの、30mmのを使ってます。

いろんな種類がありますので、お好みで幅は選んで下さい。

しっかり、マスキング出来てなくても、外側から窓枠をなぞり、パーツのふちをカバーしていればボディー表面には、あまり塗料は着かないです。

失敗しても、乾いてから溶剤で拭き取れば修正出来ますから。






こういう間違いだけは、起こさないようにwww
スポンサーサイト
  1. 2013/03/29(金) 22:36:21|
  2. ヒロボー S.R.B EUROCOPTER EC 145
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。